熊本ダイエットエステが教えるこの時期の温活方法

こんいちはー(^^)/

まだまだ暑いですね。。。

8月に比べて少なくなったと思いますが、冷房の効いた部屋で過ごすこともまだありますよね。

でもあまり体を冷やしすぎると、体調を崩してしまう原因になります。


なぜなら薄着なことが多いですが仕事場や電車の中など冷房の効いた環境に長くいるからです。

冬の時期より冷えやすくなります!


そして、ついつい冷たい飲み物や食べ物をたくさん食べてしまいがち。。。


毎日の生活の中で冷房にあたりながら過ごし、体を冷やす食事をすれば身体を冷やしすぎてしまい、さまざまな不調が出てしまいます。

例えば、冷たい食べ物を食べると、内臓まで冷えてしまうため臓器の働きが鈍くなり、

胃もたれや消化不良・下痢・便秘などにつながります。


また、屋外と屋内の気温差の激しいところの出入りを繰り返すことで、体温調節の役目を持つ自律神経が乱れやすくなり、体がだるくなったり、夏バテの症状が出る原因にもなります。

そして女性の場合は子宮卵巣やホルモンバランスにも影響が出るため、生理不順や肌荒れ、むくみが出るおそれもあります。

特に自立神経やホルモンバランスの乱れは慢性的に続きやすいので、暑い時期でも“温活”を意識することが大切です。





地面の下で成長する野菜、果物が温活に最適な食べ物になります!

ゴボウ、山芋、レンコン、ニンジン、生姜、カブなどなど・・・

意識して取り入れてみて下さい。


冷房が完備された環境で生活されてる方はひざ掛けをしたり、カーディガンを羽織ったりとしっかり温活を意識しながら健康に乗り切りましょう!





☟☟詳しくはinstagramのプロフィールへ☟☟





☝☝ご予約もこちらから&フォローお願いします☝☝



instagramをされてない方はこちら⇓⇓⇓




2回の閲覧0件のコメント