熊本エステダイエット 意識した食生活を

更新日:2月12日

 ダイエットとは、ただ単に体重を減らすのではなく、体脂肪をいかに減らすかがカギとなります。

増えた体脂肪を減らすためには、生活習慣の見直しが必須です。

体脂肪は、数日食事を抜いたからといって減るものではありません。逆に食事を抜くと、体が飢餓状態だと勘違いして脂肪を溜め込んでいきます。

そこで、健康的な体を作るために、体脂肪を落とすのにおすすめな食生活をご紹介します。



ダイエット 意識した食生活を 熊本痩身エステライラック
ダイエット 意識した食生活を



食事は、3食バランスのよいものを食べるというのが、体脂肪を落とす場合の基本です。その上で、下記のことも取り入れていきましょう。


・しっかり食べる、けれども食べ過ぎない

食事を抜くと、次の食事まで空腹の時間が長くなって、過食等につながります。そのため食後の血糖値が急上昇して、脂肪を溜め込みやすい体になります。また、毎日3食食べることは、ムダな間食を防ぐ効果もあります。 ただし、食べ過ぎないように腹8分目を心がけましょう。


・よく噛んで食べる

ひと口ごとに、何回かんで食べているか数えたことがありますか?早食いの人は、ほとんどかまずに飲み込んでいるといわれています。

食事は「ひと口30回」を目安によく噛んで食べましょう。満腹中枢が刺激されて満足感も上がりますし、だ液がたくさん出て消化されやすくなり、内臓の負担が減ります。 内臓の負担を減らすことは、内臓機能の改善につながり、消費エネルギーの大半を占める基礎代謝のアップにつながり、体脂肪を減らしやすくします。


・野菜、海藻、キノコで食物繊維摂取

食物繊維は、腸の掃除をして体に不要なものの排出を助けるほか、食後の血糖値の急上昇も抑えることができます。 また、口に入れる順番も、まず食物繊維が豊富なサラダや副菜などからにすると、腹持ちもよくなり、血糖値の急上昇も防げます。


・アルコールの摂りすぎに注意を

アルコールはそれ自体にカロリーがあるのはもちろん、おつまみに揚げ物など高カロリーのものが欲しくなりがちです。また、酔ってくると「締めはラーメン!」などと、必要以上のカロリーを摂取してしまう可能性が高くなります。酒は百薬の長ともいわれますが、適量は1日ビール大瓶1本、日本酒1合、ワイン2杯程度。自制できる範囲で楽しみましょう。


以上のことに気をつけながら、毎日の食生活を楽しく過ごしましょう。




☟☟詳しくはinstagramのプロフィールへ☟☟





☝☝ご予約もこちらから&フォローお願いします☝☝



instagramをされてない方はこちら⇓⇓⇓





閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示