top of page

正月太り解消法







忘年会・クリスマス・大晦日・お正月…と楽しいイベントが盛り沢山な時期、いかが過ごされましたか?


楽しいイベントが重なったこの時期だからこそ、気になるのは年明け頃の「お正月太り」ではないでしょうか? 

お正月明けに体重を計ってみたら増えている…!!!

…そんな経験、1度はないですか?


実は「日本人は、年末年始に平均2キロも体重が増加する!」なんていうデータもあるそうです。

年末年始、楽しく過ごつつ、増えた体重は少しでも早くリセットしたいですよね。




年末年始に体重が増えてしまう原因は大きく3つあると言われています。



原因1:冷え

この時期、寒さで身体が冷えると血管が収縮し、血の巡りが悪くなります。血流不足になることで、酸素や栄養の供給が少なくなるため、内臓の機能も低下する傾向に…。内臓機能が低下してしまうと、食べた栄養素の消費がスムーズにいきにくく、不要なものは外に排出されにくくなります。蓄積された老廃物は溜まり、むくみ体質にも繋がってしまいます。 




原因2:食べ過ぎ・飲みすぎで摂取カロリーが多い

年末年始は、単純にご馳走を食べる機会や、お酒を飲む機会が増えますね。また年越しそば・お雑煮など、糖質の多い食事を口にすることも多くなります。おせち料理にはれんこん・里芋など糖質の多い根菜類が多用されているだけでなく、栗きんとん・伊達巻きといった甘い味付けをした物も多く、糖質摂取量が増加しやすくなります。摂り過ぎた糖質は、体内で脂肪として蓄えられてしまいます。 




原因3:睡眠不足

忘年会が続いたり、年末年始に連休が続くと、ついつい生活リズムが崩れ、睡眠時間も短くなってしまいがち…。睡眠中には食欲を抑える効果があるレプチンというホルモンが分泌されています。反対に、睡眠不足だと食欲を増進させるグレリンというホルモンが分泌されやすくなります。これによって睡眠不足が続いていると、普段以上に食欲が増進され、沢山食べ過ぎてしまう傾向に…。   




年末年始太りの予防・対策



対策1:冷えを予防する

【身体を冷やさない生活習慣】

①飲み物や、食べ物は温かいものを摂取

②湯船に浸かる習慣をつける

③お風呂上りにストレッチする

④冬の旬の野菜を摂取する冬の旬の野菜には身体を温める作用があるものが多いと言われています。生姜や大根、ゴボウなどの根菜類や、ネギ、唐辛子などを積極的に食べて、内側から温活ケアをするのもお勧めです。スープにすると、身体もよりあたたまります♪

⑤血流促進を促すサプリの活用 





対策2:食生活にメリハリをつける

イベント時に、カロリーのことを気にしながら、食事をするのは楽しめませんよね。大事なのは、食べ過ぎた日が続かないように、メリハリをつけた生活を意識すること。イベントを楽しんだあとは、気を引き締めて、食生活をコントロールできるとよいですね。しかし、食べ物を極度に減らす・食べない方法では、栄養不足により基礎代謝が低下…。逆に痩せにくい体になってしまう可能性もあります。 そこでお勧めなのが置き換えダイエット!置き換えダイエットとは名前の通り3食のうち、どれか1食をカロリーの少ない物に置き換える食事法!低カロリーで腹持ちの良いプロテインの活用もお勧めです。たんぱく質を摂取すると腹持ちが良いだけでなく、代謝もUP!! 





 対策3:良質な睡眠をとる

食欲を増進させ過ぎない為には睡眠が大事♪イベント時は盛り上がって、ついつい夜更かししてしまう日もあるかもしれません。そんなときはイベント前に睡眠時間をしっかり確保することが望ましいです。6~7時間ほどしっかり睡眠を確保できると理想♪また睡眠時間だけでなく、睡眠の質も重要になります。

【睡眠の質を高めるための簡単な習慣】

①アルコールは寝る2時間前、カフェインは寝る4~6時間前から摂取を控える

②寝る1時間前~携帯を見るのをやめる

③入浴は睡眠の90分前までにすませておく

④温かい飲み物で身体を温める

⑤食事は睡眠の3時間前までに済ます



いかがでしたか?


新しい年、新しいあなたへのスタートです!焦らず、健康的な食事と運動を楽しんで続けていきましょう。小さな目標を設定し、毎日の進捗を感じながら、持続可能な変化を目指しましょう。困難があっても、挫折ではなく学びと捉え、前進しましょう。私たちはいつでも応援しています。一緒に成功を迎えましょう!






 LINE@登録でダイエット成功の秘訣を無料プレゼント!!


お友達追加はこちらからご登録お願い致します☟☟☟




お電話でのご予約・お問合せ☟☟☟

     096-282-8655

是非instagramもご覧ください☟☟☟




閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page