実は夏って太りやすい!夏太り対策とは?

こんにちは(^^)/

日差しの強い、暑い日が続いていますね。

暑くて食欲が落ち、あまり食べていない気がするのに何故か体重が増えてしまったという人も少なくありません。





気温が体温に近い夏は、エネルギーを燃焼する必要がないと身体が判断し、基礎代謝量が下がると言われています。

また、夏の暑さで出る汗は身体の体温調節のためだけのもので、運動をした時の汗とは違ってエネルギーをあまり消費していません。

この運動を伴わない体温調節の汗は、発汗と引き替えに糖や脂肪、たんぱく質の代謝を促すビタミンB1・B2・B6やミネラルが失われてしまいます。

更に、暑さによる睡眠不足や効き過ぎの冷房等で自律神経が乱れることで、脂肪を燃焼する基礎代謝が落ちてしまい太りやすくなったり、冷たい食事や水分の摂り過ぎによって身体が冷え、体内の水分をうまく排出できなくなることでむくみの原因にもなります。


◆夏太りを防ぐためには?

◎ビタミンやミネラルを摂る

ビタミンやミネラルは発汗と共に失われてしまう上に、偏った食生活では不足しがちな栄養素ですが、むくみや夏バテの防止にはとても重要です。

炭水化物(糖)や脂肪、たんぱく質の代謝を促進するビタミンB群を積極的に摂取しましょう。



また、むくみが気になる時は、水分の排出を助けるカリウムが含まれるキュウリやバナナ、納豆、アボカドがオススメです。


◎軽い運動と身体を温める

夏は、運動量が落ちてしまいがちですが、暑い日中を避けて明け方や夕方などの涼しい時間帯にウォーキングをしたり、プールで泳いだり、室内でのヨガやストレッチなど無理なくできる運動を取り入れましょう。

また、冷たい飲み物の摂り過ぎは身体を冷やすので要注意。

水分補給には、冷えたお茶や水ではなく、常温もしくは温かい飲み物を摂るように心がけましょう。


また、シャワーで済ませてしまいがちな入浴も、湯船に浸かり身体を温めるようにしましょう。

湯船に浸かることが難しい人は、40度前後のお湯に足首まで浸かる、およそ15分程度の足湯がおすすめです。


当店でも夏のボディラインやむくみにアプローチするボディケアが人気です。

一度お試しください(^^)/



☟☟詳しくはinstagramのプロフィールへ☟☟





☝☝ご予約もこちらから&フォローお願いします☝☝



instagramをされてない方はこちら⇓⇓⇓






0回の閲覧0件のコメント