ダイエット中の水の必要性

日々飲んでいる水だけれど、実は最も軽視されている栄養素かもしれません。

体重を減らしたい場合は特にそう。なぜダイエットに欠かせないのか、その理由をご紹介していきます。


●基礎代謝をあげてくれる

水を飲むと血液の流れがよくなり、基礎代謝が向上される効果が期待できます。


飲んだ水が体内をめぐることで血流がスムーズになり、身体の隅々まで水分が行き届くことで細胞が活発になるためです。

代謝が下がると血流の流れが悪くなるだけでなく、老廃物がうまく排泄されずに、便秘やむくみを引き起こす原因に。

基礎代謝とは、何もしないでも消費されるカロリーのこと。つまり基礎代謝が高ければ高いほど痩せやすい体になるため、ダイエットにおいて基礎代謝を上げることは欠かせません。


●むくみ解消

水を飲むと汗や尿から老廃物が排出され、むくみ解消効果が期待できます。

汗をかく夏場は喉が渇き自然と水を飲みますよね。しかし、汗をかきにくい冬場は喉もかわかず、意識しないとなかなか水を飲むことはありません。するとより体内の水分が不足し、汗もかかなくなるため、老廃物を排出することができず、むくみの原因に。


日頃から汗をかきにくい、トイレに行く頻度が少ないという方は、水の摂取量が足りてない可能性が高いです。


汗や尿から老廃物を排出させるデトックスは、むくみ解消や新陳代謝を活発にするために欠かせないことなのです。


●便秘解消

便秘体質という方の多くが、実は水不足が原因です。


水を飲まないと便が硬くなりお腹に溜まってしまいます。水を飲むことで便が柔らかくなりスムーズな排便ができるように。要は水をたくさん飲んで便を柔らかくするという単純な仕組みだけで、便秘が解消されるということですね。

ダイエット中は食事量が減り便秘になりがち。水分をしっかり摂取して排便を促すことでぽっこりお腹も解消され、ダイエット中のイライラや肌荒れの予防にも繋がります。


●食べる量を減らす効果も!

「水を飲めばお腹がいっぱいになる」と聞いたことがある人もいるかもしれません。

でも、実は水はお腹を膨らますことよりも、空腹感を抑えることに効果があるといわれています。

大抵は、お腹が空いていると思ったときには、実はのどが渇いているだけのことが多いのです。

2015年のオックスフォード大学の調査によると、食事の30分前に水を500ml程度飲んだ人はお腹がいっぱいだと思い、飲まないまま食べた人に比べて摂取カロリーが減り、体重が1.1kg以上減ったそうです!






≪水を飲むタイミング≫

どんな時に飲むかは、身体のコンディションに合わせてもらうのが一番です

水不足が考えらえる例として

・体重、体脂肪率が減らないとき

・活動量が多いとき

・睡眠不足(便秘)

・ストレスが多いとき

・アルコール・カフェイン摂取の後


一日に1.5ℓ~2ℓほど飲めるのがベストではありますが、一度にたくさんの量を飲んでしまうと胃酸が薄くなり、食べ物が消化されずらくなったり、逆に身体がだるくなったりするので自分のペースを大事に飲むのが大切です。


大事なのは「飲みたくないときは無理をして水分を摂らない」ということです。


適度な水分補給を心がけましょう(^^)/



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


LINE@登録⭐で


ダイエット成功の秘訣を無料プレゼント!


☟☟詳しくは【痩身エステ 熊本】instagramのプロフィールへ☟☟





☝☝ご予約もこちらから&フォローお願いします☝☝


instagramをされてない方はこちら⇓⇓⇓



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

096-282-8655    |  lailacesthe@gmail.com

​熊本県菊池郡菊陽町光の森5丁目9-15