ダイエットとお野菜について

こんにちは!


ダイエットとなると皆さん、最初にいつものごはんの量を変えたりお野菜をいっぱいとったりして、というところからはじめませんか?


今回はそんなダイエットと関係の深いお野菜について・・・


ダイエットに野菜がおすすめの理由


●ビタミンとミネンラルを両方を摂れる

野菜には、さまざまなビタミンとミネラルが含まれています。

ダイエットのときだけではなく、普段から糖質、脂質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよくとることが大切です。このうち、ビタミンとミネラルの2つを野菜からとれるため、栄養バランスを整えたいときには必須といえます。


●カロリーが低い

一部の野菜を除き、基本的にカロリーが低いためダイエットにおすすめです。

野菜を多めに食べることで、結果的に高カロリーの食品のとりすぎを防げます。ただし、ドレッシングを多量にかけると、カロリーをとりすぎる心配があることには注意が必要です。


●いろいろな食べ方ができるから飽きづらい

野菜には、さまざまな食べ方があるため飽きにくいことがメリットです。サラダ1つにも、ドレッシングをかける以外に、「オリーブオイルと塩コショウ」「わかめをあわせてポン酢をかける」「ゆでた豚バラと合わせる豚しゃぶサラダ」など、さまざまな食べ方があります。


また、野菜炒め、ゆで野菜、野菜の天ぷらなどもおすすめです。食べ方のレパートリーを増やすことで、飽きずにとり続けられるでしょう。



ダイエット中に取り入れたい野菜



●アボカド

アボカドには、抗酸化作用のあるビタミンE、不溶性食物繊維、悪玉コレステロールを下げるオレイン酸などが豊富に含まれています。特に、不溶性食物繊維はダイエット中に積極的にとりたいところです。


ダイエットで食事量を減らすと、便通が悪くなる場合があります。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよくとることで、便通を整えることが可能です。アボカドは、比較的カロリーが高いため、食べすぎに注意しましょう。


●トマト

トマトには、ビタミンCやビタミンE、塩分の排出を助けるカリウム、食物繊維などがバランスよく含まれています。さらに、ビタミンEよりも抗酸化作用が強いとされるリコピンにも注目です。

ダイエット中は、カロリーの摂取が少なくなることで酸化ストレスが大きくなるとされています。そのため、酸化ストレスに対抗する抗酸化作用のある栄養を十分にとることが大切です。


●ほうれん草

ほうれん草には、糖質の代謝をサポートするビタミンB1と、脂質をエネルギーに変える働きをサポートするビタミンB2が豊富に含まれています。そのため、意識的にとることが大切です。

ビタミンB群は、水溶性ビタミンのため、ゆでる、炒める、揚げるなどの調理によって流出したり壊れたりします。そのため、ほうれん草はできるだけ短時間の加熱にとどめましょう。


●ブロッコリー

ブロッコリーには、ビタミンB群やビタミンA、ビタミンE、ミネラルなどが豊富に含まれているため、糖質や脂質の代謝のサポート、抗酸化作用による酸化ストレスの対策などに役立ちます。ブロッコリーは、ゆでて食べるほか、玉ねぎやタケノコ、にんじんなどと一緒に中華風に炒めるのもおすすめです。


●もやし

もやしは、低カロリーであると同時にビタミンB群やカリウム、カルシウムなどをバランスよく含む野菜です。また、1袋20~50円程度と安価で入手できることもメリットでしょう。他の野菜とも相性がよく、野菜炒めにおすすめの食材です。


食べすぎに注意が必要な野菜



●カボチャ

カボチャには、ビタミンAの元になるβカロテン、ビタミンB群、カルシウムなどが含まれています。しかし、カロリーが比較的高い野菜のため、食べすぎに注意が必要です。歯ごたえがないため、満腹感を得られにくいことにも注意しましょう。