なかなか消えない!目の下のクマ

今回は、お化粧でも隠し切れないほど濃くなってきてしまうクマについてお話していきます。

クマは寝不足だからってできるわけではないのです。


種類は大きく分けて、〈茶グマ〉〈青クマ〉〈黒クマ〉の3つがあります。



まずは見分け方

茶グマ→何もしてもかわらない

青クマ→目じりを横に引っ張ると薄くなる

黒クマ→上を向くと薄くなる


〈茶グマ〉

原因・・・色素沈着 ごしごしこする、紫外線、ターンオーバーの乱れ 濃いアイメイクなど肌に刺激を与えてしまうことでできます。

目の周りだけでなく、口の周りなどにもできますが、大人になってからできることが多いです。表皮の色素沈着であれば、まだ美白化粧品で対策できる可能性があります。


解決方法・・・美白化粧品を使って美白する 紫外線対策をしっかりする こすらない


〈青クマ〉

原因・・・血行不良 冷え、肉体疲労、眼精疲労、睡眠不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れ

血流が悪くなると酸素や栄養を十分に行き渡らせることができずに血液もやや黒みがかった色になります。それが透けて見えることで青クマになってしまいます。


解決方法・・・目の周りのマッサージをする ホットアイマスクなどで温める 

        ツボを押す 清明(せいめい)目頭と鼻の間 四白(しはく)黒目のした


〈黒クマ)

原因・・・皮膚が薄くなりたるむため 目の下がくぼんだ状態、筋肉のたるみが原因でできるクマでむくみやすい人に多いと言われています。

コラーゲンが減ってまぶたの皮膚自体もたるみメイクではなかなか隠しにくいタイプ。目の周りの皮膚は脂肪が少ないのでふっくら感がなくなると影が目立ってしまいます。


解決方法・・・アイクリームを使用する 目の周りをマッサージする 眼輪筋のトレーニングをする

        1.ぎゅっと目を閉じ5秒たったら思いっきり開く 2.開いたときに見る方向は正面、上、下、左、、右 3.左回り、右回りと交互に黒目を回す


一つの原因だけでなく重なってあることもあるので、自分に合ったケアをしっかり行いましょう!目に力があると元気に見え明るい印象に見えます。


日々のスキンケアや日常生活に気を付けてクマを作らないようにしていきましょう♪



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


LINE@登録⭐で


ダイエット成功の秘訣を無料プレゼント!


☟☟詳しくは【熊本 痩身エステ】instagramのプロフィールへ☟☟





☝☝ご予約もこちらから&フォローお願いします☝☝


instagramをされてない方はこちら⇓⇓⇓


0回の閲覧0件のコメント