お正月太りの特徴は「水毒」 時間が経つと痩せに難くなります

皆様、「水毒」ってご存知でしょうか・・・


日本人は最も水の流れが悪いと言われています。

軽度なものを含めれば、女性の8~9割が「水毒」であると言われています。

「水毒」は中国医学で、体に余分な水分がたまっている状態をいいます。

水分には体に潤いを巡らせて老廃物を回収したり排泄する役割がありますが、水分が滞ってしまう(=水毒)と、お肌がくすんでしまったり身体がむくんでふとりやすくなったりします!

特に水毒症状が現れるのが、お正月明け


☆水毒症状チェック☆

□フェイスラインが緩んで顔が大きく感じる □お腹周りが以前よりポッコリしている

□足首が太くなった            □やたらと喉が渇く

□寝ても疲れがとれない          □冷え性が悪化した



これらの症状がある方!水毒によるお正月太りの可能性が大!!!




では、「水毒」とは「水」がどのような状態になっているのでしょうか?


水毒証とは、行き場を失った余分な汚れた水分(リンパ液)が体内に蓄積している状態を指します。

初期の症状は、下半身中心のむくみやだるさ・冷え

慢性的になると、圧迫によるかゆみ、耳鳴り、セルライトになります。


「水毒証」の原因は以下の4つ 毎日の食事からです


1,20時以降の必要以上の水分やカロリーの摂取

生ものや冷たい食べ物 乳製品 脂肪分 砂糖(炭水化物・糖質) 塩 香辛料

果物 濃厚な味の食物 アルコール コーヒー 炭酸飲料

こういったものを ”必要以上に取る” ”特に20時以降の過剰摂取”は水毒の引き金になります。


2,おせつのカロリーは高い!

「おせち」は日持ちするようにと考えられて作られているお料理で、特に高カロリーなのが「かまぼこ」「かずのこ」「黒豆」そして「栗きんとん」「伊達巻」といったメニュー。おせちはあっというまに800~1000kcalぐらいになります。



3,塩分や隠れた添加物の摂りすぎによるむくみ

お正月料理の塩分の多さは半端ではありません。

体内に塩分が過剰に摂取されると、身体はそれを薄めようと水分を溜め込みます。これが正月太り独特の「むくみ」

しかも、お酒を飲んだりお菓子を食べたりすることが多いお正月は、厄介なむくみです。


4,腸内環境が悪化・・・しかし体内酵素の無駄つかい

お正月太りの原因となる食品は、と欧文や小麦粉などの粉ものが多く便秘の原因になります。また、お酒や不規則な生活・睡眠不足も重なり腸内環境は悪玉菌が一気に増加。。。

食べたり飲んだりで大切な体内酵素も激減します。



        お正月太り解消

       2021年はこれ!!!


①短期集中、腸内細菌を入れ変える

②余分な水分・老廃物・添加物の排泄



 22種類の乳酸菌 × ビフィズス菌

BIOファス 500ml ¥6,900(税別)





抗酸化力で毒素撃退!!

スロータスティー ¥3,000(税別)





利尿作用で余分なお水を排泄 

MAJOR 青汁+ ¥3,000(税別)


気になる方はお気軽にお問合せくださいませ♪





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


LINE@登録⭐で


ダイエット成功の秘訣を無料プレゼント!


☟☟詳しくはinstagramのプロフィールへ☟☟



☝☝ご予約もこちらから&フォローお願いします☝☝



instagramをされてない方はこちら⇓⇓⇓


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Lilac-ライラック-

096-232-8655    |    lailacesthe@gmail.com